スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーヴィス症例検討会・ファイルNo.24 運転免許教習所を考える(3)

“免許がない

このタイトルの映画を見たことが多い年代は、アラフォー・アラフィフであろう。

舘ひろしサンがニヒルなスター役で、車を乗り回しているのだが、実はレッカー車で
牽引して貰っている車を所謂“エア運転”していた、という設定。

流石にカッコ悪いから、一念発起して免許を取りにいくことになったのだが・・・、
その厳しい道のりを的確に表現していた。
(後述するが、その表現に腹を抱えて笑ってしまう。)

自分が通っていた20年以上前、自動車教習所の教官なんて、鬼教官ばかりだった。
加えて、運転が上手くできなければ罵倒とまで行かなくても、
“下手くそ!!!”位の厭味は言われたモンだし、
ましてや自分が乗り込む教習車を5分前位に自力で探すことなんて当たり前。
“あぁ~、今日は厭な教官に当たっちまったもんだ・・・”と覚悟を決めて乗り込んだもの。

さて、下手っぴーな舘サン(本当は運転が上手なんですけど、
役柄の都合上、運転が下手な振りを装ったそうです。)を
鬼教官役の片岡鶴太郎サンがイビリ抜く。
特に、坂道発進では、1m以上逆行すると、検定中止で仮免許が下りない。
坂道をずり落ちる車内で、舘さんが必死の形相でハンドルをバンバン押す。
(逆行を始めた車に乗っていると、ハンドルを押したくなるその気持ちは、
マニュアル車を上手く運転できない時期を経験した方は共感するだろう。)
その姿を横目に見ている片岡鶴太郎サンが一喝。
“ハンドル押したって、車は動かね~んだョ
と怒鳴りつけるシーンがあった。

最近でこそ増えたが、当時は女性教官は殆ど居なかった。
イカした墨田ユキさんもクール・ビューティーな教官役で出演し、助手席から
“そこでクラッチを放すっ
と言い放ち、舘サンのクラッチを踏んでいる左足を、スレンダーな足で
蹴飛ばすシーンもあった。
“痛テっ” 小声で呻く舘サンに、これまた共感。
しか~し、あんなイカしたお姐様教官なんかいる訳ないぢゃんョ~。
“映画での出来事~”と思うこともあれば、
でも、あんなお姐様なら、蹴られてもイイ・・・。
な~んて、観た当時、妄想しちまった。

進級が儘ならない舘さんが、これまた必死の形相で、
“ハンコ押してくれよ”と涙目で泣き着くシーンまであった。

そーだそーだ、みんな、この様なプレッシャーの中で、楽しい乗り物だけど、
一歩間違うと凶器になってしまう車の安全運転を緊張感持って習いましょう、
という自動車教習所の気構えを習ったもんだった。
卒業して、晴れて運転免許を手にした我々は、この映画を見ていると、
“うんウン、そーそー。これ位厳しかったよネ~~”と盛り上がったものだった。

緊張感なくして、安全運転が成り立つのであろうか・・・。

To be continued

面白かったり、共感して頂けたら、バナーと拍手クリックを是非お願いします!!!
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

サーヴィス症例検討会・ファイルNo.24 運転免許教習所を考える(2)

この件を考える上で、2点お話ししたいと思う。

一点目は・・・。
叔父はタクシードライバーをしていた。
小学生の頃、ラグビースクールへ叔父の運転で送ってくれることになった。
叔父が運転席について、エンジンスタート前の車へ乗り込む際に、
車の後ろに何気なく入ってしまった。

叔父(以下O: )は、運転席から脱兎の如く飛び降りてきて、

O: “車の後ろに入るんじゃないッ
O: “運転席から見えないこともあって、事故にあう確率が高いんだッ

と、怒鳴られぶん殴られて、きつくお灸を据えられた。

タクシードライバー仲間が車の背後に回って、命を落とした事故を知っていた叔父。

T: “エンジンが掛かっていないから、大丈夫だろッ!!!” そう私は言い返したが、
O: “馬鹿野郎っ!!! 車は急に動くことがあるんだっ!!!”
O: “特に、バックギアに入った時の、車の力は凄いんだ。轢かれたら、イチコロだ!!!”
T: “・・・・・” ギャフンとなって、声すら出なかったことを覚えている。

有無を謂わせぬ、この叱り方の表現方法は、的を得ていた。
この強烈な経験以降、二度と車の背後に入ることはしなくなっている自分がいた。

To be continued

面白かったり、共感して頂けたら、バナーと拍手クリックを是非お願いします!!!
人気ブログランキングへ

サーヴィス症例検討会・ファイルNo.24 運転免許教習所を考える(1)

最近の運転免許教習所に関するニュースを見て、仰天してしまった。
若者の車離れが著しく、免許教習所の経営が行き詰まり、
かなり閉校しているとのこと。

そんな車離れ、教習所閉校と暗い話が多い中、
某所にある運転免許教習所へは、受講生が“ウナギ登り”に
受講生が来るという。

その集客のポイントは、とにかく生徒を“褒めちぎる”とのこと。
褒められたくて、生徒が全国から集まるという・・・。
教習所へは、大学の講義の合間、無料送迎バスで出向いて、
講習のコマをマメに自分で照らし合わせながら受講する、
な~んてことは、昔、昔の物語なんやろか・・・。

そんな、褒めちぎる教習所の特集を見ていて、違和感が強くなって、
今回筆を取ることにした。

To be continued

面白かったり、共感して頂けたら、バナーと拍手クリックを是非お願いします!!!
人気ブログランキングへ

サーヴィス症例検討会・ファイルNo.23 ネットオークションを考える(7)

ネットオークションを運営するポータルサイトは、
IT企業の名に恥じない仕事をして欲しい。

取引には一切介入しない、という免責を謳うのは勝手だが、
これらのトラブルが生じた場合でも、弊社は知らぬ存ぜぬで通すこと自体、
企業としてのガバナンスは如何なものであろうか。

・真贋の判定をしっかり行うこと。
(贋作であれば、補償対象とし、補償金の回収はポータルサイトの責任)
・盗品でないことの確認・所有権の確認
(実在する故買商・質屋では、こういったことはしっかりしている)
・商品デリバリーが完了しなければ、出品者へ支払を留めることができる。
・商品を買手が入手した後、難癖つけて返品せずに金銭の返金を言い出した場合の対応

こういった責任ある商取引をポータルサイトには、
オークションを運営する立場である以上、望みたい。

“ネットオークションって面白そう、だけどかなり危ないですよ。”

ポータルサイトにこういった提言を投げかけたところで、
現行儲かっていれば何をやってもよい、という感覚の企業サイドにとって、
五月蝿いな、という感覚でしかないであろう。

やはり、
“君子危うきに近寄らず”
これが一番の自己防衛であろうか。

あの厭な思いから、ネットオークションには一切手出ししなくなった、自分が居た。

Fin

面白かったり、共感して頂けたら、バナーと拍手クリックを是非お願いします!!!
人気ブログランキングへ

サーヴィス症例検討会・ファイルNo.23 ネットオークションを考える(6)

保管場所もいらず、盗難届も出ていないタイミングでの出品

それにしても、インターネットを使った犯行で足が付かないものなのか。
ネットカフェを利用されれば犯人の特定は難しいのか。
ネットオークションに詳しい弁護士によると、
「よく考えてから大胆な行動を取っている。
売った人(出品者)は盗品を処分したことになるので、
刑法256条の『盗品譲り受』の罪になり、懲役10年以下および50万円以下の罰金になる」
という。

よく考えられているというのは、落札が決まってから盗んでいる点だ。
先に盗むと保管場所に困るうえ、保管している間に摘発される可能性がある。
売り先が決まってから盗めば保管場所はいらないし、
盗難届も出ていないからオークションでバレにくい。

あるコメンテーターは、「これだったら、車でも何でもできますね。
本人確認などサイト運営を厳格化するなどの対応できる部分もありそうですが…」

JCASTニュースより改変し引用。

To be continued

面白かったり、共感して頂けたら、バナーと拍手クリックを是非お願いします!!!
人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。