スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

One of my favorite sports, Body exercise!!! (2)

ランニング・マシーンにて、下半身を鍛えた話までは記載した。

下半身と上半身の筋肉は、全く別物であるので、足りない上半身を鍛えよう、
と考えた。

マシーンとしては、2種類、ダンベルを用いた運動を一種類想定。

ラット・プル・ダウンを最初に選んだ。
手を伸ばして、バーを掴み、首の後ろ側へ座った体位のまま引き下げる運動。
主に、後背筋・僧帽筋・三角筋を鍛える運動方法である。
若い頃に掛けていた負荷をいきなり掛ければ、大怪我してしまうので、
当時の1/3程度から始める。
10回プル・ダウン行い、少し休憩
もう少し負荷を掛けられることを確認し、ウエイトを少しだけ上げた。

更に10回。
まだ、負荷を上げられそうだ。もう少し上げ、現役時代の2/3量で、
10回プル・ダウンして終了とした。

次いで、ベンチ・プレス。
主に、大胸筋を鍛え、胸の厚みを作るトレーニング。
これも、現役当時100kg超を上げていたが、そんなことをいきなりやったら、
死んでしまう。
先ずは、1/4量の25kg位から上げていく。
10回を上げると、まだ負荷を掛けられそうだ。
そこで、40kgにチャレンジ。これもクリア出来た。

最後に、何kgがマックスとして上げられるか試してみた。
現時点では、65kg。トレーニングしていないモノにとっては、それが限界でしょう。
怪我をしないうちに、切り上げた。

最後に、ベンチとダンベル(鐡亜鈴・てつあれい)を使って、アーム・カールを
行った。アーム・カールは、上腕二頭筋・上腕三頭筋を鍛え、腕の太さを形成する。
ベンチを約30度位に立てる。ダンベルを持った状態で、腕をそのベンチに置く。
上腕をベンチに固定したまま、ダンベルを掴む手と前腕部を上腕部へ捲き上げる
運動をカールという。

先ずは、3kgカールして、筋肉の挫滅と腱断裂を起こさない様に、ウォーミング・アップを
行う。10回カールすることは、何のことなく行える。

次いで、7kgを試してみる。これも難なくこなすことが出来た。
更に、12kgを試してみた。マキシマムはどうやらこの辺りだ。10回左右カールを行って、
終了とした。
因みに、次の日は、14kgを試してみたが、何とかカールすることが出来た。

上半身のトレーニングを終了して、筋肉に残存する乳酸を洗い流す為に、
最後にステッパーを踏む、軽い山登りを選んで、15分間のクール・ダウンを行う。
最近のトレーニング概念では、クール・ダウンとは言わず、ウォーム・ダウンという概念
で、筋肉を冷やすというよりも温めた状態で、疲労物質を取り去る目的、とトレーナー
の方から教わった。

更に、ストレッチ・マットの上で、入念に全身のストレッチを15分間位行った。
凝り固まった筋肉を伸ばすと、軽度の痛みを伴うが心地よい。筋肉痛にならない様に、
願いつつ、トレーニングの全行程を終了とした。

今日は、たっぷりと良い汗を掻いたな~。天空の摩天楼で、心地よい疲労感を楽しむ。
お風呂に浸かって、身体の疲れを取った。

Nagoya Fitness IV

18Fでトレーニング終了後、記念撮影。
胸の前がずぶ濡れで、大量に汗を掻いているのが分る。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。