スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーチャル症例検討会(20) Discrimination PART VI

常に頭が痛いことは、当然のことながら、
・脳に腫瘍がある
・出血して頭の中がパンパンに腫れ上がる
こういった原因があって、示す大変危険なサイン。

しかし、年齢的にはそういった問題は極少ケースで否定的。

そうは言っても、この年齢で脳に腫瘍があれば、大変なケースとなってしまう。
(小児期の腫瘍はタチが悪いので、命を落としてしまうことが多々ある。)

その小児科の先生の診察手順
・先ずは画像診断で頭蓋骨の中にあって診ることができない脳の緊急的問題を否定
・お話から苛めに起因することに至って、習いごとを勧めて下さった
・そして、その女児も段々バレエを切欠に自信を持ちつつある段階のようだ

子供を全体的に眺めて、見逃してはいけないポイントはキチンと押さえ、
お話から類推し、子供の成長を勘案したピン・ポイント・アドバイス。
人間味溢れる、その素敵な小児科の先生とお会いして、お話したくなってしまった。

そうは言っても、
ハーフというだけで差別を受け、苛められ、これから必要であるとはいえ、
手術を控えるこの女の子の心境は如何なものか・・・

私自身の幼少期の、手術に対する恐怖心に堪えたことと照らし合わせてみても、
そこに差別の辛さが複合され、本当に悲しくなってしまった。

To be continued

面白かったり、共感して頂けたら、バナーと拍手クリックを是非お願いします!!!
人気ブログランキングへ


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。