スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーチャル症例検討会(20) Discrimination PART VIII

T:“身体的には、問題は無いかもしれないけど、ハートとハートのお付き合いは?
  この子には、精神的な手術前後のサポートが必要だよ。”

患者さんと我々医療従事者が、治療前にハートが通じ合ってなくてはならないと、
重要性を教えて下さった、私のもう一人の師である金山先生を思い出した。
クリックすると参照できます
師匠・6 金山 利吉教授 10回シリーズになっています
 
 “それと、ベッドで元気に動き回っているから、
  ナースに転落事故を防ぐ様に申し送りをしておいたよ。”


病院では・・・
手術以外のリスク・ファクター、ベッドから転落して大怪我することも予防しなくて
ならない。その情報をナースと共有することも我々の仕事の一つでもある。

この問答でもって打ち切り、研修医の先生を諭した。

まあ、絶句していたので、勉強と経験不足で拙いな、と思ったか。
それとも、ウザい指導役だな、と思ったかは分からない。

“先ずは、病める人に手を差し伸べよう、という気持ちが忘却の彼方で
 麻酔テクニック一辺倒、技術だけを追い求めているぞ”


“危険を察知するセンサーや感覚が鈍っているぞ・・・”

“大火傷をしたら拙い、という温度感をも失っているぞ・・・”

本当はそう諭したかったのだが、若い先生にストレートに言って良いのか
顔色を読んで、躊躇って言わなかった。

To be continued

面白かったり、共感して頂けたら、バナーと拍手クリックを是非お願いします!!!
人気ブログランキングへ


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。