スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通りがかりの公園にて(3)

エピローグ

私も小学生の頃、友人の中野君の住まうマンションの駐車場で
よくバドミントンに興じていた。

その時、3階のベランダへシャトルを打ち込んでしまい、
二人で頭を垂れて住人であるお姉さんへ
“シャトルを取って下さい”
とお願いに行った。

運が悪く、同じ日の数分後、同じベランダへ打ち込んでしまって、
さすがに二度目とあって、お願いに行ったものの・・・、

そのお姉さんが苦虫を潰した様な顔をされて、
“公園でやりなさい!!!”
と我々は怒鳴られた。

シャトルが取れない、って凄いストレスです・・・ネ。
で、立木の無い処やベランダの無い処、って云われてもネ~・・・

公園でバドミントンに興ずる彼女達をみて、そんな少年時代を思い出していた。
そして、時代は変わっても、青春って変わらないな~。
殺伐とした時代、加えてゆとり教育の弊害が声高になっている現代で、
何となくホッとした気持ちになった。

Fin

面白かったり、共感して頂けたら、バナーと拍手クリックを是非お願いします!!!
人気ブログランキングへ


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。