スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大往生 私を麻酔科学・道へ導いて下さった師匠・金山利吉先生(2)

週末、金山先生のお宅を伺った。

お嬢様が、金山先生のお部屋へと案内して下さった。
生前のまま、お部屋を保っておられ、祭壇に遺影が祀ってあった。

金山先生遺影2013

シャープな顔立ちをしている写真だな、と思っていたら、
“大学を定年で退官した時に撮った写真が一番好きだ。遺影にはこれがイイ。”
と生前に云っていたものですから、と65歳の時の写真であることが分かった。
お線香をあげさせて頂いた。

金山先生ファミリー

金山先生のご家族
お嬢様、ご子息とそのご家族。
ご子息のお嬢様(金山先生にとってのお孫さん。金山先生の記事へコメントを下さった))
金山先生に纏わるお話を30分位、と思っていたら話が尽きず、
1時間を超えてお話をしてしまった。

お暇する頃、ご子息からは、
“今となっては朝比奈先生のブログが父の生前の仕事ぶりがわかる唯一の証です。”
と嬉しいお言葉を頂けた。

出立する直前、お嬢様からもう一度お線香を、と。
ご自宅をあとにする前に、もう一度お線香を灯させて頂いてお別れをした。

To be continued

共感して頂けたら、バナーと拍手クリックを是非お願いします!!!
人気ブログランキングへ


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。