スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大往生 私を麻酔科学・道へ導いて下さった師匠・金山利吉先生(3)

そして、最後に・・・
我儘なお願いをお嬢様にしてみた。

それは・・・、
お食事会の最後に金山先生から、今となっては遺言となってしまいましたが、
“今度会う時に、自作したループ・タイとステッキをやるョ”
と云われておりました。

ループ・タイは、お手紙と一緒に郵送されて着ました。
形見分けとして、ステッキを頂けないでしょうか?

金山先生からの形見分け

パイプを咥えた、ユニークなステッキのグリップ

お嬢様は快諾して下さり、金山先生が自作されていたステッキから、
可愛らしい形見分けを頂いた。

ケリー先生からも形見分けを受け、金山先生からも形見分けを受けた。
もう、これ以上形見分けは受けたくないな、と思いつつも人間は必ず最期を迎える。

お二方からの形見分けを大切にしながら、
患者さんにとって安全第一、安心感を与えられる麻酔科道を極めるべく
精進しなくては、と心に誓った。

Fin

共感して頂けたら、バナーと拍手クリックを是非お願いします!!!
人気ブログランキングへ


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。