FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーヴィス症例検討会・ファイルNo.23 ネットオークションを考える(5)

そんな、取り敢えず商取引自体は成立したこととは異なり、
他人の自転車を無断でオークションに出品し、
落札が決まった後でその自転車を盗むという新手の自転車泥棒が出現した!!!!!

国民生活センターは「今後増加する可能性がある」と注意を呼びかけている。

捜査は急転直下、お笑い芸人が即座に、逮捕されていた。

報道された内容は・・・、
6月17日夜(2013年)、某自転車専門誌の編集長の自宅で事件が生じた。
編集長は高級自転車を何台も所有するサイクリストで、
ガレージの奥にカバーをかぶせて並べ、その上にダンボールを敷いて自転車を重ね、
外から見えないようにブルーシートで覆っていた。

ところが、17日夜に所有していた12台のうち、ガレージに保管しておいた9台が
ゴッソリ盗まれた。いずれも1台70万円もする高価なものばかりで、
被害総額は220万円にのぼるという。

編集長が盗難以上に驚いたのは、自分が編集している雑誌の読者から
届いた次のようなメールだった。
「ネットオークションで私が落札した自転車は、盗まれた編集長の物じゃないですか」

調べると、オークションの開始が6月12日午前10時で、
終了したのは16日午後10時58分となっている。
落札が確認されたほぼ1時間後に盗まれていたことになる。
盗まれた9台のうち7台がオークションに出品され、
5万円から17万円で落札されていた。

犯人はオークションに出品するにあたって、ガレージにある
自転車を写真撮影していた。また、犯人が自転車の引渡し場所に指定したのは
編集長の自宅に近い駅周辺で、土地勘のある人物の犯行と見ている。

To be continued

面白かったり、共感して頂けたら、バナーと拍手クリックを是非お願いします!!!
人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。