スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツの感動、そして浴びせられた心無い言葉

ソチ・オリンピックが閉幕して、随分経ってしまった。

女子フィギュアスケートの浅田選手はショート・プログラムの出遅れが響いて、
メダルに届かなかった。
ショート・プログラムが終わった際に、虚空を見つめる様な表情から、
我々が想像しえない努力を前回のオリンピックから重ねていたのに、
何が起きたのか、本人すらわからなかったのだろう。

しかし、フリーの演技では、出し切らなければ、悔いが残ると吹っ切れたのか、
世界中を魅了する素晴らしい演技で締めくくってくれた。

国民の過剰な期待やオリンピックのプレッシャーと戦った彼女は称賛されることが
あるにせよ、批判される筋合いはなかろう。

東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長を務める森喜朗元首相は2月20日、
福岡市内で講演し、ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子の浅田真央選手が
ショートプログラムで16位と出遅れたことについて
「見事にひっくり返ってしまった。あの子、大事なときは必ず転ぶ」と述べた。

全くもってして、配慮を欠く発言。

揚句に、森氏の饒舌は止まらず、
浅田選手が団体戦に出場したことに関しても
「負けると分かっている団体戦に出して恥をかかせることはなかった」と。

政治家、それも2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長が、
凌ぎを削る選手の努力も理解していない心無い発言をされていて、
本当に組織が纏まるのであろうか。

浅田選手のみならず、東京オリンピックを勝ち取った我国にとって、
会長の人選が適切であったか、甚だ疑問に感じたのは、自分だけか
そう自問自答していた。

面白かったり、共感して頂けたら、バナーと拍手クリックを是非お願いします!!!
人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。